一般社団法人 筑豊創生inくらて【非営利団体】


【2040年問題参考】
消滅可能性:自治体半数 2040年20〜39歳女性半減
毎日新聞 2014年05月08日 21時29分(最終更新 05月09日 03時03分)【中島和哉】
・消滅可能性都市
 子どもを産む人の大多数を占める「20〜39歳の女性人口」が2010年からの30年間で5割以上減る自治体。全国の1800市区町村(政令市の行政区を含む)中の49.8%にあたる896自治体が該当。
・より衰退の恐れが大きい「消滅の可能性が高い」自治体
 2040年の人口が1万人を割る523自治体(全体の29.1%)。
・日本創成会議・人口減少問題検討分科会
 推計した組織。産業界や学界の有識者らで国のあり方を議論するもの。座長・増田寛也元総務相。



新幹線筑豊くらて駅【仮称】計画概要

2016年6月6日設立
一般社団法人【非営利団体】筑豊創生inくらて

2040年問題が報じられ福岡県下で消滅可能性自治体の一番が鞍手町、小竹町が三番と不名誉な順位がつけられ、このままでは、鞍手郡は消滅してしまいます。

鞍手町は博多駅−小倉駅の真ん中に位置しておりJRは新幹線開業当初からこの近辺に1駅欲しかったのですが、請願駅は地元負担で建設しなければならず、今に至っております。JR新幹線の駅間の全国平均はおよそ30km、博多−小倉の間は全国で2番目に長く68kmあります。
 2040年問題を模索している時に旧宮田町元議員の高山氏との懇談の中、新幹線駅を鞍手町にと話が持ち上がりました。高山氏は30年以上も新幹線駅に取組んでおられます。当初は、宮若市にと活動されてましたが、鞍手町に絶好の場所があるとのことで鞍手町に白羽の矢が起ちました。
 この機を逃しては鞍手町の将来はないと確信をし早々「親子三世代inくらて・新幹線駅建設促進委員会」の発足を思い立ち2015年12月1日に8人のメンバーで発足致しました。
 その後活動する中で任意団体の委員会では、活動にも限界があり、調査研究にも資金面で厳しいものがありました。そこで、今後の活動をもっと活発にするため、一般社団法人【非営利団体】を立ち上げ趣旨賛同者の会費だけだなく、当法人に趣旨賛同して頂ける法人・個人から寄附を募り今後の活動を加速させていくため「一般社団法人筑豊創生inくらて」を2016年6月6日付けで法人登記いたしました。
 当法人が計画しています、新幹線筑豊くらて駅【仮称】を5年後に完成させるためには、土地開発面積約30万坪(土地購入価格は50億円程度)の地権者の同意を得ることが必要不可欠です。調査研究等にはかなりの費用が必要となります。何故30万坪の開発かと申しますと、駅を建設するのに約200億円ほどの費用がかかります。それを捻出するには今までのような自治体任せではなく、民間開発による捻出を当法人は考えており、30万坪(50億円)の開発により60%の18万坪の土地を販売し(350億円)駅建設費用を捻出する考えです。
 まずは、新幹線駅ですが、しかし駅だけではストロー現象で出て行くだけの駅になり乗降客も望めませんし地元の発展にも繋がりません。全国的に見ても開発ありきでなくて駅が出来ても発展していない駅周辺は数多くあります。
 駅プラス集客のできる観光・宿泊・商業施設の誘致など、また駅にアクセスするための交通手段が必要不可欠であります。
 福北ゆたか線の鞍手駅・小竹駅等と;新幹線駅。鹿児島本線の遠賀駅・赤間駅等と新幹線駅を結ぶため路面電車も計画いたしております。
 駅・宿泊・商業施設建設、誘致計画5年、観光施設、路面電車建設計画15年、この時点で雇用人口8,000人規模。全体完成20年と長期計画で考えております。
 地方創生といわれる今日、今を逃しては、鞍手町・鞍手郡、筑豊の未来はないと確信いたしております。鞍手町の人口は平成27年4月30日現在16,827人。20年前は約20,000人でした。この計画では2040年には35,000人の目標を掲げています。

活動記録


のぼり旗作成
2017年09月22日

交通安全のためのぼり旗を作成いたしました。.

 

新聞に掲載されました
2017年07月25日

2017年7月25日付の毎日新聞筑豊版に載せて頂きました。
「鞍手に新幹線駅を」町に住民団体が署名提出と題して
新聞書面抜粋:徳島眞次町長は『新幹線駅が実現すれば、町は大きく変わる。前向きに検討したい。』と積極的な姿勢を示した。また『小倉と博多の間は途中に駅があってもおかしくない距離で、無理だという人もいるが夢物語ではない』などとコメントされました。

新聞に掲載されました
2017年07月25日

2017年7月25日付の西日本新聞筑豊版に載せて頂きました。
「鞍手に新幹線駅を」町長に署名と要望書と題して
新聞書面抜粋:徳島町長は『庁内で協議したい。新幹線の駅間距離などデーター的な根拠もあり、私は新幹線駅は夢物語ではないと思っている』などとコメントされました。

署名提出のお知らせ
2017年07月24日

署名8,487名分を鞍手町・徳島町長に提出して来ました。

皆様のご協力を切にお願いいたします。

説明会開催のお知らせ
2017年06月20日

説明会を開催いたします。自由参加です
主催:親子三世代inくらて・新幹線駅建設促進委員会
    一般社団法人筑豊創生inくらて
@第5回 7月24日(月)19:00〜20:30 鞍 手町中央公民館・視聴覚室
A第6回 8月28日(月)19:00〜20:30 鞍 手町中央公民館・視聴覚室
       第3・4回ポスター              第5・6回ポスター

缶バッチ作成のお知らせ
2017年05月31日

缶バッチ作成しました

   

Tシャツ作成のお知らせ
2017年05月30日

Tシャツのデザイン変更

   

資料の変更とタペストリーの作成しましました
2017年04月24日
       

画像をクリックして頂くとダウンロードできます。

説明会開催のお知らせ
2017年04月19日

説明会を開催いたします。自由参加です
主催:親子三世代inくらて・新幹線駅建設促進委員会
    一般社団法人筑豊創生inくらて
@第3回 5月29日(月)19:00〜20:30 鞍 手町中央公民館・視聴覚室
A第4回 6月24日(土)19:00〜20:30 鞍 手町中央公民館・視聴覚室
       チラシ                    ポスター

婚活パーティーのお知らせ
2017年04月04日

【申込み受付中】 平成29年7月1日(土) 
『幸せな出逢いのパーティー』inBBQ

申込締切  平成29年6月24日(土)18時まで

   詳しくは画像をクリック

Tシャツ作成のお知らせ
2017年04月19日

Tシャツのデザイン

   

のぼり旗作成のお知らせ
2017年04月03日

のぼり旗を作成しました。

Tシャツのロゴ

   

説明会開催のお知らせ
2017年03月11日

説明会を開催いたします。自由参加です
主催:親子三世代inくらて・新幹線駅建設促進委員会
    一般社団法人筑豊創生inくらて
@第1回 3月27日(月)19:00〜20:30 鞍 手町中央公民館・研修室2
A第2回 4月24日(月)19:00〜20:30 鞍 手町中央公民館・研修室2

署名活動期間延期のお知らせ
2017年02月27日

期間延長致します

筑豊地区をはじめ福岡県内で署名活動を展開いたします。

ご協力の程宜しくお願いいたします。

資料を追加しましました
2017年01月31日
 理念はここから

当社の前身であります「九州環境開発株式会社」が平成13年11月に作成しておりました資料

『筑豊創生まいんどバレー構想・筑豊の自立を導くゲートゾーン〜新幹線新駅設置と周辺整備について〜』をアップしました。※この資料は当時、宮田町に新駅を誘致する内容です(現在の計画は鞍手町)

画像をクリックして頂くとダウンロードできます。

資料を追加しましました
2016年12月09日
 

画像をクリックして頂くとダウンロードできます。

署名活動の展開
2016年11月1日

筑豊地区をはじめ福岡県内で署名活動を展開いたします。

ご協力の程宜しくお願いいたします。

ネット署名活動の展開
2016年10月3日

ネット署名活動を開始いたしました。

ご協力の程宜しくお願いいたします。

ポスター及び新幹線『筑豊くらて駅』(仮称)計画概要の配布
2016年9月7日

   画像をクリックして頂くとダウンロードできます。

のぼり旗を作成
2016年6月20/24日

新幹線筑豊くらて駅(仮称)建設に向けての活動のため「一般社団法人(非営利団体)筑豊創生inくらて」を設立しました。まず第1弾としてのぼり旗を作成いたしました。

一般社団法人 筑豊創生inくらて【非営利団体】設立
2016年6月1日
新幹線駅建設計画5年、観光施設、路面電車建設計画15年、この時点で雇用人口8,000人規模。全体完成20年と長期計画で考えております。まずは、新幹線駅。しかし駅だけではストロー現象で出て行くだけの駅になります。駅プラス集客のできる観光施設の誘致など、また駅にアクセスするための交通手段が必要不可欠であります。福北ゆたか線の鞍手駅・小竹駅等と;新幹線駅。鹿児島本線の遠賀駅・福岡教育大前・赤間駅と新幹線駅を結ぶため路面電車も計画いたしております。
当法人は、「ふるさとの原風景」が、今なお残る鞍手郡周辺地域を中心とした豊かな自然を大切にしながら、山あいの環境を社会的な機能を持つ「まち」とし て位置づけ、親子三世代交流を通したまちづくりに関する事業を行い、地域住民が住みやすく、働きやすい、夢と希望の持てるまちづくりに寄与することを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
 (1) 新幹線筑豊鞍手駅(仮称)の誘致を図る事業
 (2) 観光開発・発見に関する事業
 (3) まちづくりの推進を図る事業
 (4) 留学生と地域住民の交流に関する事業
 (5) 親子三世代交流事業
 (6) 安心安全まちづくり子ども見守り育成事業
 (7) まちづくり環境美化事業
 (8) 地域防犯・防災に係る事業
 (9) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

九州新幹線、新八代駅視察
2016年2月27日
九州新幹線、新八代駅を視察してきました。キヨスクの方に周りの状況をお聞きしましたが、駅ができても周辺の開発ができてないようでした。周辺開発の計画をしっかり練ってから駅を造るほうが良いのではと意見を頂きました。民間の知恵を借り開発をする。併せて駅を計画する方向で今後進めていくことを革めて決意しました。